生活トラブルで摩擦も

災害時起こる生活トラブル

災害時に多い外国人生活トラブル

外国人と日本人の間には、現実問題として考え方や価値観の違いがあります。最近では国内に暮らす海外の人々も、かつてに比べて急増しており、地元のルールなどを巡って生活トラブルに発展し始めています。言葉がそもそも上手く交わせないと些細な事から行き違いになり、誤解が生まれ、結果的に大きな隣人トラブルへと至ります。また生活トラブルが特に深刻化、多発するのが災害時です。日本人は何度も災害を経験し、国民性の中に「お互い様」という道徳観がありますが、現実問題として外国人の方々は個人主義的な部分が強く、支援物資などを独り占めしたり、行列を無視して水や食事を受け取る等、文化的な違いから来る摩擦が起きやすいです。

外国人を納得させるには

外国人が近隣に住んでいる場合、内容によって生活トラブルに発展する場合があります。対策として、あせらずに教える事が大切です。外国と日本の常識は異なります。それは外国人もわかっているでしょうが、問題はどこがどのように違うかです。これを察するのが難しい。その結果、我慢を続ける近隣住民の怒りが爆発し生活トラブルになるのです。そのため、常識に囚われず「ここはこのように行う。」「あれがマナー。」と言った、日本人なら暗黙の了解になりつつある事もゆっくり教える必要があるでしょう。最初は戸惑うでしょうが、誠意が伝われば必ず理解してくれるはずです。

外国人とのトラブル情報

↑PAGE TOP